M&Aなら会計事務所型M&AアドバイザーA-MASへ

A-MAS

お問い合わせ

0120-697-610

受付時間 9:00-17:00 (土日祝日除く)

秘密
厳守

相談
無料

買収をお考えの方

アフターM&Aの課題

アフターM&Aの課題

M&Aが成功するかどうかは、会社・事業の譲渡契約が締結された後の取り組みにかかっており、むしろこちらの方が重要であるとさえ言えます。

M&A後(アフターM&A)に留意しないといけない課題として考えられるのは、次のものです。

  • 企業文化や営業戦略などの方向性の統一をどのように実行するか
  • 社内ルールの違いをどのように解消してゆくか
  • 役員やキーマンの人事配置をどうするか
  • 給与水準や査定方法の違いをどう解消するか
  • 販売、会計、人事労務等の管理システムをどのように統合するか
  • 原価計算などの会計基準をどのように統一するか

これらの課題をひとつひとつクリアしてゆくことが最終的なM&Aの成功に繋がります。通常では半年から1年の統合期間を設けてプロジェクト化して取り組むケースが多く、会計面は会計事務所に、人事労務面は社会保険労務士に、専門家を起用して進めることもあります。

買収に関するお問い合わせ

ページ上部へ